2010年:開催記録#2

※画像はクリックすると大きくなります。

 

 

「OKUBOアジアの祭2010」へのご来場ご協力ありがとうございました

 「OKUBOアジアの祭2010」は、昨年12月11日、盛況のうちに終了いたしました。
 当日ご来場いただいた観客のみなさん、物心両面にわたって応援してくださった個人、商店、事業所、企業のみなさん、出演者のみなさん、仲間たち、大勢のみなさんのご協力を心から感謝いたします。
 祭を盛りあげてくれた出演グループは12組。アイヌの伝統芸能、八丈太鼓、地元大久保・百人町のアマチュアバンド、琉球の島歌、朝鮮半島の民謡と農楽、フィリピンのトラディショナルなダンス、バングラデシュの芸能など、さまざまな歌と踊りが、“アジアのへそ”OKUBOに集まりました。
 屋台エリアも賑わいました。日本酒、焼酎、マッコリ、各地産のビール、おしるこ、おでん、おにぎりなどの和、アイヌ、韓国、モンゴル、ビルマ、インド、トルコ・・・多民族の多彩な料理がならび、ささやかながらも“食のアジア”の一端を実現できたかなと思います。酒食に舌鼓を打ちつつ、集われた皆さまの歓談も弾みました。
 そして、「多文化で紡ぐ いのちの環」が今回の祭のテーマでした。このことばがめざす「こころ」をどれほどかたちにすることができたか? 芸能者(出演者)と来場者(観客)とスタッフが一体となって「おもい」を共有する場面が多々あり、よろこびがこみあげてきました。とはいえ、いうまでもなく、まだまだいたりません。さまざまな課題を前に、これからもつづく「OKUBOアジアの祭」へ向けての覚悟を新たにしています。
 と、いうことは、「OKUBOアジアの祭2011」があるということです。昨年よりも楽しい祭をつくりだすために、事前の活動を充実していきたいと考えています。活動の中味はそのつどこのサイトでお知らせ・報告しますので、時折は訪ねてみてください。
 
2011年1月
「OKUBOアジアの祭」運営委員会

 

 

当日の模様が紹介されています。

▼まち居住研究会ブログ
http://042646.blog89.fc2.com/

▼APFS(ASIAN PEOPLE'S FRIENDSHIP)
http://apfs-jp.blogspot.com/